リフォームローンと担保の有無について

リフォームは、内容によってはかなりの金額になることがあります。数百万円から、1千万を超えるリフォームもあります。
金融会社が扱っているリフォームローンは、リフォームをしたい人のために貸付を行っている目的型ローンです。
もしも金融機関から融資を受けてリフォームを進めたい場合は、リフォームローンもしくは住宅ローンを申し込んで、融資を受けます。
住宅を担保にして融資を受ける住宅ローンと異なって、
リフォームローンは個人の信用能力を主な根拠として融資を受けるというローンです。

ローンを借りる時は、担保があったほうが、当然ながら金利は安くなりますし、完済までにかかる金額も低く抑えられます。
月々の負担額を少なくし、完済までに時間がかかるようなローンにしたいという時は、担保ありのローンにしたほうがいいでしょう。
月々の返済金額を低くしておくことで、時間はかかるけれど確実に返済を継続していけることができるわけです。

審査の基準が厳しめに設定されている場合は低金利での融資か可能になりますが、申し込みに必要な書類作成も一手間かかります。
担保もいらず、審査に通りやすく、申し込みは簡単だけど、金利は高めというローンもあります。
審査の結果待ちの時間も短く済み、申込み用の書類作成なども簡単なリフォームローンなら、気軽に借りることができます。

審査に通りやすく、金利の高いリフォームローンでは、完済までの猶予期間が短めで、月々の返済がきつくなることがあります。
担保のあるリフォームローンは、担保のないリフォームローンとどう違うかを知った上で、選ぶべき金融商品を決めましょう。
自動車保険 おすすめ