ヒアルロン酸とコラーゲンの違い

さまざまな成分の中でもヒアルロン酸やコラーゲンは、美容や健康を意識している人の話題になっています。どちらの成分も関節の働きや、肌の保湿に効果があると言われています。案外多くの人が、ヒアルロン酸とコラーゲンは似たような成分だと思っている人もいるようですが、実は異なる物だといいます。そもそも、ヒアルロン酸とコラーゲンは、それぞれ大もとになる物質が異なります。ヒアルロン酸は糖の一種で、ムコ多糖類に分類されます。コラーゲンはたんぱく質の一種です。人の体に存在するたんぱく質のうち、コラーゲンの割合はおよそ3分の1です。コラーゲンの働きは、細胞と細胞を結びつけるというものです。弾力がコラーゲンが不足した肌からは消えてしまい、際立ってくるのがたるみやしわです。関節に存在していたコラーゲンが不足すると関節の働きが悪くなり、きしみや痛みが出るようになります。さらに体内の水分を保つのに関係している成分がコラーゲンで、6リットルの水をコラーゲン1グラムでキープすることができます。コラーゲンは、体内の様々な部分に存在しています。特に関節や肌の真皮層に多く存在していますが、コラーゲンが不足すると肌の潤いが失われていきます。ヒアルロン酸が肌の細胞同士を結びつけ、コラーゲンが肌の水分を保っています。肌の保湿のためにはとても重要な成分ですが、コラーゲンもヒアルロン酸も年をとればとるほど少なくなってしまうそうです。

ノコギリヤシのサプリを30代から