美容師さんの精神的負担

私の家族は、髪の量が極端に多いチーム、極端に少ないチームに分かれます。母親が髪が多い人なので、女子チームはボーボー、父親が少ない人なので、男子チームはつるっと、です。なぜ、ここまでお互いに極端なのか、それは、神様の意地悪なのです。笑両親は別として、せめて、子供は、いい具合いにならなかったのかを、神様に問いたいところです。そして、毛量多いチームは、頻繁に美容院に通い、すいてもらいます。しかし、毛量少ないチームも、行かない訳にいかず、定期的に床屋に行きます。先日、少ないチーム代表の父が、床屋に行きました。いくらかかってるの?私は、何気なく散髪料金を聞いて、ビックリしました。5000円…5000円!?それで?私の目から見て、どこを切ったかワカラナイ~そして、美容師をしている友人に聞くと、こんな言葉がかえってきました。髪が多い人は、又、すぐ生えてくるからいいけど、少ない人はそうじゃないから、神経使うんだよ~なるほど!そうゆう事!美容師さんの精神的な負担料!納得。…ん?間違ってないよね?
ミュゼ 効果