未来都市?灼熱の太陽・ドバイの発展

アラビア半島の産油国・アラブ首長国連邦(UAE)がすごい。どうすごいのかというと

ほんの20年くらい前までは海岸線が砂漠で、一部の高級住宅地があったくらいだったのが
今やアメリカのニューヨーク並みに高層ビル街になっている点である。
私が最後にUAEのドバイに行ったのは1997年5月。あの当時ジュメイラビーチは本当に
何もなかった。1本の道路があり、その両端は砂漠でその向こう側にエメラルドグリーンの
海が広がっていたのである。
太陽の日差しはハンパなく熱いというより痛いくらいでしたね。
現地の人は昼間に出歩くようなことはほとんどせず、夕暮れになったあたりから
ゆらゆらと町に繰り出しているような風景が楽しめたのです。
当時、ジュメイラビーチあたりは建設が始まろうとしている頃で、現地の人曰く、
そのうち近い将来、このあたりは高層ビル群が立ち並ぶでしょうと。
今回、久しぶりにドバイの写真を見たのだが、いやぁ、、まるで未来都市ですね。
SF映画のロケ地にもいいかも。
そんなUAE。有り余る太陽光を活かして、太陽光発電、メガソーラーがさかんなのだと。

太陽光 産業用 見積もり