スズキアルトワークスのここが好き

スズキも三菱自動車同様、カタログ燃費不正疑惑で揺れています。スズキの場合、悪質ではなく、ケチケチ作戦が裏目に出たと言われています。

スズキといえば、軽量化を信条にする自動車メーカーでもあります。そんなスズキを代表するモデルが、アルトワークスです。売れ筋としては、ワゴンRでしょうし、話題の車だと、ハスラーやスペーシアだと思いますが、伝統やスズキのイメージは、やはり、アルトワークスに勝る車はないと思います。アルトワークスの凄さは、その軽量さです。二駆だと670キロであり、四駆でも720キロです。部品をグラム単位で重量を削った結果だそうです。燃費にもつながりますし、走行性能のアップにもつながります。近年、自動車は、安全装備や電子デバイス等により、年々重くなる一方です。軽ければ軽いほど、燃費にもスポーツ走行にも有利ですから、スズキの目指している方向は、正しいです。レカロシートも標準装備だし、15インチアルミもノーマルながら、社外アルミホイールのような軽さです。同様に、ランサーエボリューションを思い出すようなエアロも大好きです。

一括査定の詳細はこちらのサイトがお勧めです。

・車買取一括査定ガイド