更年期と大豆イソフラボンの大切な関係!

女性の皆さんが、一生の中で必ず乗り越えなければならないもの、

それは、体に様々な支障をきたすと言われている「更年期障害」です。

女性ホルモンの減少が大きく影響する更年期障害ですので、

ホルモンバランスを安定させることが、

更年期を上手に乗り越える1つの方法です。

そこで、昔から更年期障害の救世主と言われているのが、

女性ホルモン(エストロゲン)とよく似た働きをする「大豆イソフラボン」。

大豆に胚芽含まれる、フラボノイドの一種である大豆イソフラボンは、

年齢と共に減少する女性ホルモンの代わりとして、

更年期の症状を緩和してくれます。

そのため、意識して摂取したい成分でもあります。

食品安全委員会が推薦している、大豆イソフラボンの1日の摂取量は、

70~75mgと言われています。

数字だけを見ると、そんなに大変な量ではないように思われますが、

納豆で計算すると、1日大体2パックほどでしょうか。

ただ、納豆2パックを毎日食べるわけにはいきませんので、

その他の豆腐や味噌汁などで、少しずつ摂取することが望ましいといえます。

近年の日本人の食事は、和食から洋食へと移り変わる傾向にあるかもしれません。

しかし、曜日を決めるなどにして「和食週間」を設けることが、

辛い更年期障害を見事突破できる、重要なカギかもしれませんね!

更年期 サプリ