お肉はお皿にとって休ませると美味しくなる場合も

ホルモンの人気部位として代表するのが「マルチョウ」です。マルチョウは醬油や味噌など濃い目の味付けが良いでしょう。よく焼くと美味しいのですが、脂は多いので火加減は難易度が高いです。強火だと脂が落ちてしまいますので中火でじっくり焼くのがコツです。コロコロ転がすように焼くとうまく焼けます。見ているだけではなく、みんなで焼けばわいわい盛り上がるのではないでしょうか?

注意しないといけないのはカルビなどと焼くときです。マルチョウの脂分で燃え上がった火でカルビが黒焦げになる恐れがあるので注意しましょう。

焼肉はできたて、焼きたてが美味しいと思われています。しかし、全てのお肉の部位がそうとは限りません。例えば塊や厚めの牛タンなどは焼いてすぐではなく、お皿にとって休ませると美味しくなるそうです。なぜかというと、焼いた後休ませることで、旨味の詰まった肉汁がまんべんなく肉の繊維にいきわたるからだそうです。焼き上がり直ぐに食べると肉汁が外に流れ出てしまいますが、お肉を休ませたら本当の意味で肉汁を楽しむことができ、肉本来の味を楽しむことが出来ます。塊や厚みのあるお肉の本来の味、食感を楽しみたいなら、焼き上がり直ぐではなく、休ませてから・・・楽しんでください。
黒毛,和牛,通販