ばね指は整形外科で治したほうがよいか整体がよいか?

清掃の仕事をしていて一番しんどいのが今頃の秋から冬にかけてと、春一番が吹き荒れる春先である。
私の友人がそんなことを言っていた。秋冬の枯葉は、木の種類にもよるが葉も軽くなかなかほうきで
履くには苦労するようだ。無理な姿勢を続けていると、指がこわばってきて特に朝起きると指の曲げ伸ばしが
うまくできなくなったり、指を伸ばそうとすると、ひっかかるような動きになってしまうそうだ。
最初はこんな症状になって不安になりインターネットで調べているうちに、この症状は「ばね指」と呼ばれている
職業病ともいえるような障害であることを知る。
自然に治るかと思っていたが、自然には治らず、毎日また同じ作業を繰り返すわけだから症状が良くなるわけでもなし。
整形外科に通うと、サポーターや注射で症状を和らげようとされるらしいけど、それでも症状に改善が見込まれなければ
最悪は手術だという。しかし、整体に通うと回数はかかるがばね指になる原因から改善できるので
東洋医学も捨てた物じゃないなとつくづく思う。

【西東京市東伏見駅前で開業されている「うえだ整骨院」の院長(国家資格・柔道整復師)。
ご自身も腱鞘炎を発症し、それを自分で治すという体験をされた方だけに
説得力があります。】

出典 上田式腱鞘炎解消プログラムでばね指改善!うえだ整骨院上田康浩先生