フルーツの果糖が脂肪を作る

フルーツの果糖が脂肪を作っています。さらに糖化は老化の原因にもなります。
フルーツは体にいいと昔から言われていますね。フルーツはとてもヘルシーで、できるだけ食べた方が良いみたいな常識がありますけれど、それは実際は少し誤った常識ではないかと言われています。
フルーツに含まれている果糖は血糖値をあまり上昇させないで、インスリンの分泌も増えることがありません。ですが、果糖は分解されないで速やかに肝臓の中に運ばれてしまって、脂肪になってしまう特徴があるのです。近年、酸化と共に糖化という言葉が注目され始めていますね。糖化というのは、果糖やブドウ糖などの糖質が血管や皮膚のタンパク質と結合することで老化の原因となってしまう反応を引き起こすことです。血液の中に糖質がたくさんあると老化が起こりやすくなって、動脈硬化、皮膚のしわやたるみの原因になってしまうと考えられています。フルーツに含まれている果糖はブドウ糖に比べると10倍も糖化しやすい物質であると考えられています。ですからフルーツは健康に良いものだと思ってたくさん食べていると、老化を進めてしまう可能性のある食品なのです。こんな甘いフルーツは注意して食べないと、ちょっとまずいことになるかもしれませんね。http://www.equol.xyz/