肌老化の原因の8割が光老化

肌老化の原因の8割を占めているのが光老化だという事実は広く知られているようです。
この光老化というのは紫外線の影響を受けて皮膚の内側のビタミンaが壊されてしまって欠乏してしまうことが最も大きな原因となっています。こんな原因がはっきり分かっていますから、皮膚の内部にビタミンaを十分量蓄えておく工夫をすれば紫外線から受けるダメージを効果的に予防することができるという理屈が成り立ちます。ですから肌の内側にビタミンaを蓄えておいている状態であれば強い紫外線を受けたとしてもそれほど肌には大きな影響が出ずにいられますから、一般的に肌に負担を大きくかけてしまうと言われているspf値の高い日焼け止めをそれほど使わなくても紫外線対策ができるのです。
そんなビタミンaですけれど、あなたはビタミンaの種類のことを知っていますか?
ビタミンaはレチノール、レチナール、レチノイン酸、さらにそれに加えてパルミチン酸、レチノール酢酸、レチノールなどのレチニルエステルに関して考えても、全部ビタミンaの形態のことを言っています。ビタミンaは、ほうれん草や人参、小松菜などの緑黄色野菜にたくさん含まれていて、抗酸化成分が強いことでよく知られるベータカロチンも体の中では必要な時にビタミンaに変換がされます。ビタミンaの効果に関しては先ほども言ったように紫外線のダメージを予防してくれたり、修復したりする力を持っています。それ以外で肌を再生して老化が進んでしまっているお肌をアンチエイジングする、若返らせる効果も持っているのがわかっています。40代が選ぶ保湿クリームはこれが他を圧倒!売れすぎ?