自転車整備士試験

最近あった大きな出来事といえば、約二か月半前に受験した、「自転車安全整備士」および「自転車技士」の結果が発表されたことです。法規やルール、整備方法や工具の使い方を含める紙媒体のテスト2つと、自転車を分解し再びくみ上げる実技テスト、そして、面接試験の三項目4種目からなります。

一番難易度が高いといわれているのが、実技試験の車輪組です。車輪の練習は昨年の冬にはじめ、年をまたぐころには30分程度でくみ上げることができるようになりました。しかし、80分という限られた時間で自転車をくみ上げないといけないので、30分を20分にすることで余裕をもって望むことができるといわれているため再び猛練習しました。難しいようで、慣れてしまうと22分までタイムを上げることができました。試験一週間前には、2度ほど遠し練習を行いました。また、並行して、紙媒体のテストの勉強を始めました。知っているようで知らなかったことが多々あり、意外と苦労しました。「安全整備士」のほうのテスト勉強はすんなり進んでいたのですが、「自転車技士」のテストに関しては初めて説いたときは3割程度しか製糖しなかった。これは、試験一週間以内です。最後の一週間は必死に学科のテスト勉強に打ち込みました。前日までしっかりと勉強しました。そしてテスト当日、多くの受験者が受験会場である滋賀県の県立体育館に集まっていた。初めに行われるのは、実技試験でおよそ2帖程度のスペースに振り分けられて受験する。30分程度は分解の時間である。分解が終わり試験開始時間になると一斉に始まった。僕はまず最初に車輪組を行いましたいつもよりスムーズに組むことができ20分程度で車輪をくみ上げた。次に、分解されたその他の部分に組み上げ調整を行った。しかし、チェーンカッターやフロントディレーラーの不具合があり、試験終了時間ぎりぎりに組みあがることになった。練習の段階では起きなかったトラブルが二件も発生したためかなり焦りました。しかし、冷静に対応できたため合否結果は不安ではあったが、合格への可能性を持ち続けることができた。休憩をはさみ、次はペーパー試験である。安全整備士は今まで説いていた過去問より少しムづかしく感じたが、無事全問おえた。そして自転車技士の試験も勉強していた部分が多く出たため問題なく終えることができた。面接試験も就職活動の経験があったため、問題なく終えることができた。そして二か月後、合否結果がポストに投函されており、開封すると無事合格の通知をいただけることができました。学生の間の目標の一つが達成することができて安心した。滋賀県受験の合格率は70パーセントを切っているため非常にうれしかった

サントリーセサミン口コミ