夏の夜は寝不足になる

1.エアコンを点けましょう
30度を超える夏の夜はエアコンを点けて寝室を涼しくして眠るようにしましょう。
寝室の温度が高くて耐えられない時はパジャマが汗だくになるくらいで、とても眠れず体中がかゆくなって朝までもんもんとします。
反対に冬場は、加湿器が必要です。

電気毛布を使って寝床を温めてください。
ベッドに入る前に、手ぬぐいを濡らして壁から離れたところにつる下げてください。
喉が弱い人やインフルエンザの人には欠かせません。
湿度を高くすれば咳の発作を抑えるには必要な事です。
眠っている最中に咳がでると、不眠症になります。
眠るにはお酒の力を借りるのも良いでしょう。
居酒屋でコップ1杯のビールや酎ハイには健やかな眠りに導く効果があります。
しかし、大量にアルコールを飲んでしまうと眠りの妨げになる傾向があります。
大酒のみの人は睡眠が浅くなる傾向があります。
アルコール依存症になってしまうと昼間でも幻覚を見るようになってしまいます。
結局酒の飲み過ぎは食生活が乱れて栄養バランスが最悪になります。
睡眠薬の副作用

2.ビタミン不足
安眠にはビタミンBは無くてはならない栄養素で不足すれば健康が保てません。
寝不足の理由には寝具が考えられます私たちは寝具やベッドは半永久的に使えて20年以上買い換えないものです。
でもこの間に、一般的な家庭では車は3回、冷蔵庫の3回は購入します。
でも、大抵はつぶれて変形したベッドを使い続けています。
ベッドは長期間使っていると形が変わって普通でない態勢で眠ることになります。
背中が痛いと睡眠不足の深刻な原因になります。
形が変形した寝具は、一刻も早く新しいのと交換しましょう。
でも、お金が無い方はマットレスの下に薄くて丈夫な板を敷いてみましょう。
そして薄い毛布などを巻いてベッドを傷つける事はありません。
カフェインは皆さんの安眠妨害の原因の1つです。
皆が知らないことを良い事に日が出ている時期のカフェインの果たしている役割は誰も知らないようです。
小さい子供にコーヒーをブラックで何杯も飲ませることを許す両親はいません。
世の母親や父親がコーラを手にした子供たちと楽しく遊んでいます。
これらの飲料にはカフェインが沢山含まれています。
カフェインによって、脳の働きが活性化されます。
紅茶やココアにも同じ働きがあります。
一般の人に必要な睡眠量の基準は色々な説があります。
短時間睡眠の人は精力家で、睡眠時間の多い人は仕事が遅いと思われがちですがとても正解とは考えられません。
そうは言っても短時間しか睡眠をとらない人間は馬力のある仕事をする人が多いようです。
大企業の社長や経営者、名医と呼ばれるお医者さんです。
一方長時間睡眠のひとは、創造家で少し変わったところがあり一芸に秀でた人が多く感じられます。
ゴルフをする人の中には眠ってからも上手く出来なかったラウンドのプレーを思い出して何度も思い出す人が沢山いるようです。

3.必要な睡眠時間は?
人間に必要な睡眠時間は、何時間位なのでしょうか?沢山の統計が、このことについて取られています。
残念ながら、決定的な回答は得られていません。
前提条件が違いすぎるのです。
しかし、睡眠の平均値の典型的な回答は得られました。
66パーセントの人が毎晩6時間半から8時間半、規則的に眠っているのです。
さらに16パーセントの人が、8時間半以上の睡眠を必要としています。
さらに18パーセントの人が6時間半未満の睡眠で済ませています。
統計によると、これが人間の平均的な睡眠時間です。
我々の神経は食後特に昼食後には多少眠るよう決められているようです。
昼食後のわずかの安眠が午後の仕事の効率をびっくりする程、向上させます。
その為、前の晩眠れなかった人こそ食後は多少なりとも眠ってください。
南ヨーロッパのイタリアの人達は昼食後は少し眠ることで健康管理にも活用しているのです。
人身事故につながる恐怖があります。
操縦の様な同じ作業の繰り返しでは、良くない事は他にはありません。
夜目がさえて眠れない原因は千差万別です。
寝不足の原因の大部分は我々の体内時計と無理難題を押し付けるようにしてその時計が合わないか色々試してみます。
眠気が吹っ飛んでしまったりしてさらに共存できるようやってみれば意外と共存は可能なんです。