どなたかが難しいピアノの運搬を引越し業者にお願いしたケースでは

物流というものの誕生物流(当初は物的流通)という言葉と概念が日本において生まれ、認知され始めたのは1950年代である。年号で言うと昭和30年代に入ったころからである。「なぜなのか」というその理由は経済の拡大にある。

戦後の復興から高度成長の始まりにかけてのことである。マクロで言うと国内物資流動量の増大があり、ミクロで言うとメーカ、流通業の生産販売量の拡大がある。これはオーバーフロー論で言うことができよう。急速に増え続ける物資・商品が港湾、鉄道、道路や運輸機関の能力の許容を越えたわけであり、サカイ引越センター企業においては工場や倉庫や営業所や店舗の商品処理能力を超えたからである。

 そこで物流という考え方が出てきたということになるが明治維新によってわが日本は富国強兵策をとり、軍事に合わせて産業的発展を図った。この時代にも同じような考え方はあったと思われる。戟前のそれは港湾や鉄道や道路などの個別の整備、拡充で対応できたのであろう。絶対的に経済や社会の規模も小さかった。