ストレスでも抜け毛は増えます

ストレスを感じていると、さまざまな体の不調が出てくることがあります。実は抜け毛というのも、ストレスが原因で起こる体の不調野一つになってきます。では、どうしてストレスで抜け毛が増えるのでしょうか。

ストレスを感じると、自律神経のバランスが崩れてしまいます。起きて活発に活動をするときに活性化する交感神経と、心を休め体を休めるときに活発に活動をする副交感神経のバランスが崩れることで、活動をしようとしているのに副交感神経が活性化したり、眠たいのに交感神経が活性化してしまうということが起こります。しっかりとした睡眠がとれないといったことも起こり得ます。

髪をはじめ、体の細胞の生まれ変わりは主に睡眠時に活性化しますが、睡眠がしっかりととれないということはこの髪の成長がしっかりと行われないということになります。つまり、髪が成長できないということが起こります。髪は成長を止めてしばらくすると抜け落ちるというサイクルを持っているため、抜け毛が起こりやすくなります。さらに、自律神経の乱れによって血液の流れなども悪くなります。髪に必要な栄養がしっかりと送られないということも起こるため、髪の成長が阻害され抜け毛が増えてしまうのです。