困難な特典条件

インターネット回線のお申し込みはお得な特典サービスを提供している受付窓口があるものです。

例えば代表的なのがキャッシュバックサービスです。お申込みすると高額のキャッシュバックが特典として受けられる光回線や代理店もありますので、せっかくならそういったオトクな窓口からお申込みしたいものですよね。でもこのキャッシュバックに関しては高額であったりお得に見えても実はかなりキツい条件を設定しているところが未だ少なくないんですね。

例えば、キャッシュバック特典を受ける条件として、よくあるのが有料オプションの加入を設定しているお店。こういったところを光回線の代理店の中によく見かけます。個人的には酷いものだよなとどうしても思ってしまいます。オプションなんてものは必要な人だけ申し込むべきもの。それを自社のメリットとして堂々と掲げているキャッシュバックサービスを受けるための必須条件として設定しているなんて、決して良心的とはいえませんよね。

代理店からすれば、1件でも多く受注するために必死なのはわかりますが、私個人的にはそういったサービス元と代理店との関係・システムがそもそも問題の原因といえると思っています。こんなシステムではお客にとっての良心的な対応を代理店が実践することはやはり困難でしょう。だからと言ってこれだけ多くの代理店が存在する今となってはそう簡単にシステムの見直しもできないでしょうから、今となっては改善は難しそうですね。私たちお客側は、できるだけお得な代理店を探して申し込むことくらいしか今は出来ないのが現状でしょう。
光回線インターネットおすすめ