就職面接で想定される質問と回答をするときのポイント

就職面接で質問されることには意味があります。担当者がどういう意図でその質問をしているのかを推測しながら、質問に答えるといいでしょう。採用担当者は、就職面接の場では、最初に希望者がどんな人物かを知るために、簡単な自己紹介や、今までの経歴の確認などを行います。自分のことについて出だしで最初に語ることは、要点をまとめて、これまでの経歴や職務実績について話すことになります。ある程度の紹介が終わると、今後どんなふうに働きたいと思っているかや、長所や短所などが話題になります。会社側が期待している働き方と、応募者の要望にズレは生じてしないかや、会社の雰囲気と馴染めそうか、仕事を任せた時に問題はないかなどを、質問の答えを通じて知るというものです。短所は業務に支障を与えるようなことについて発言は控えるようにして、短所を改善しよとしている点を説明することも大切です。将来の働き方について質問された時には、その会社で働いている姿を想定した上で、質問の回答を考えましょう。担当者からの質問に答えるばかりでなく、何か質問がないか尋ねられることもありますので、その質問が来ることを想定して質問はないか考えておきます。この時に質問をしなければならないということはないですが、質問という形をとることで、こちらの関心度を表明できます。色々な質問をされることを想定して、就職面接の準備をしましょう。質問をされた意図を踏まえた答え方ができたほうが、相手とコミュニケーションがしやすくなります。ジェイエステ 志木