あなたの不動産の引渡し時の注意事項

あなたが不動産の引渡しをする時は、注意事項があります。契約した土地の引渡しについては、売買契約を結んだ日から約1ヶ月間と決められています。その際、借入先の金融機関もしくは取引に関わった不動産会社のいずれかでするのが普通で、残代金、固定資産税、都市計画税の精算金は当日に支払わなければなりません。準備する資金には、物件代金の残金、固定資産税、都市計画税の精算金、公共料金などの精算金、管理費などの精算金、登記費用、不動産会社への仲介手数料の残金などがあります。買主の名義に変更された土地の権利証や、登記変更した書類については、司法書士から内容証明郵便で配達されるようになっています。そして、必要書類も準備しておかなくてはなりません。それは住民票や委任状です。あなたが不動産の引渡しをする時は、このように、残金や諸費用、必要書類の準備をしなければならないので、引き渡し時までに、不動産会社に十分確認して漏れのないようにしっかり準備しておかなくてはなりません。当日は、印鑑、印鑑証明書、通帳、住民票が必須です。
家 売りたい