ストップロスとは 

ストップロスと言う言葉は、市場人参加している人ならばよく見聞きする言葉になるのではないでしょうか。ストップロスとはどのような意味を持っているのかここでしっかりと確認をしておきましょう。
ストップロスとは、自分がとある銘柄もしくは通貨を購入した場合、自分の意に反して相場が動いてしまう時、損失をこれ以上拡大させないために、その銘柄あるいは通貨を売却してしまう行為を指します。
ストップロス(stop loss)とあるように、そのまま損失を止めるという意味そのままとなっています。
特に、ストップロスは日本語では損切りと言う言葉になります。
ストップロスはやはり、これ以上損失を拡大させずに次の取引対象に資金を移動させるためにはやはり必要になる行為となるでしょう。
いつも、自分の検討通りに市場が動くわけがないためです。
その上、取引対象商品はたくさんあります。
自分が失敗して選択した銘柄からまた別の、好ましい銘柄に資金を移動させるためにもやはりストップロスは必要になってくるでしょう。
このように、ストップロスとは日本語で損切りに該当する言葉になります。