スプレッドとは

スプレッドと言う言葉をご存知でしょうか。スプレッドとは、国語辞典では広がること、もしくは値幅、差額と言う意味を持っています。
これは、もちろん国語辞典での言葉であってこれが金融業界での言葉になりますと、スプレッドとは二つの商品における金利差や価格差の事を指します。
一般的には、株式にしろ通貨にしろ債権にしろ、二つの銘柄間にはスプレッドが存在しておりこういたスプレッドが1つの投資機会を与えているのです。
こういった取引機会を利用した取引をスプレッド取引と言います。
また、利回り差のことをイールドスプレッドといいます。
また、外国川証拠金取引では、スプレッドは通貨ペアの提示レートの買値と売りの値の差を指すこともあるみたいです。
このように、スプレッドとは株式や為替や債券など二つの銘柄間に存在する価格や金利差などの事を指します。通常こういったスプレッドは取引対象になることがあり、スプレッド取引という投資機会を生み出しています。
非常い重要な概念ですので、しっかりとスプレッドの意味を把握しておきましょう。いつか、役立つ日も来るはずです。