野菜スープダイエットについて

野菜スープダイエットとは、近頃良く耳にする7日間脂肪燃焼スープダイエットのようなメニューがあらかじめ決まっているものではなく、夕食前に脂肪燃焼のスープを飲むというものです。スープを食べるのは朝や昼などに増やして摂ることもでき、量も増やせます。この野菜スープダイエットで飲む、毒出し脂肪燃焼スープは、もともと肩こりや冷え性で悩む人のための体質改善のためのスープでした。この野菜スープを飲んだ多くの人がダイエット効果も実感していることがわかり、ダイエットスープとしても広く知られるようになったのです。野菜スープダイエットは体力が落ちたり、体調が悪くなる心配がなく、体内間環境を調整し、体質を改善することで免疫力が高まるので、逆に丈夫な体になります。野菜スープダイエットのレシピは以下のとおりです。材料(7皿分)として、キャベツ2分の1個、トマト3個、玉ねぎ大3個、にんじん1本、ピーマン1個、セロリ太いもの1本、それに水2~3リットルです。だしをとるために、昆布5グラム、かつお節10グラム、鶏がらスープの素小さじ1杯を用意し、天然塩としょうが1片で味付けします。野菜は適当な大きさにカットし、だしと野菜、水1リットルを大きめの鍋に入れ、中火で約20分間煮込みます。スープが蒸発してかさが減ってきたら水を加え、野菜が柔らかくなってきたら天然塩で味を付けてから火を消します。食べる直前にショウガをすりおろして加えますが、油や砂糖を使用しなければ味付けは基本的に自由です。この野菜スープは毎日火を通すようにすれば冷蔵庫で1週間はもつので、毎日飲むために作り置きしておくといいでしょう。

キャビテーションエステ   京都